鳥成分ほぼ100%。基本的に鳥と羊毛フェルトのみで形成されてます。愛してやまないのは鳥尻と猫肉球。
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくポップス。頑張ってるよ!   


ポップス。よく頑張ってくれてます。


朝は相変わらず食滞&食欲低下

毎日きっちり3gしか食べてくれません。



昼間は今日はしんどそうで、目を閉じてほぼ動かず。
もう死んでしまうんじゃないか…
やっぱり長くないのかな…


と覚悟しました。

本当にいつ断末魔をあげるか、ハラハラしていたくらいです。



でも夕方からジャージャー、ガタガタ、バサバサ

朝昼の分もきっちり消化してそのうは空っぽ!

餌は57g(1g増えた!)から10g食べて67g、さらにねだるねだる

君はいったいなんなの?(・_・)......?


まぁ、食べてくれるならいいよ
お食べお食べと今日もせっせとさし餌をしていました(*^m^*)

あと朗報がもうひとつ!
腹水が貯まってパンパンだったお腹のハリが少し小さく、柔らかくなってきて
押したら凹むまでに!


よかったようよかったよう!
腹水は抜いたほうがいいけど抜いたら死ぬと言われてて、どうしたらいいのか悩んでいたんですが
自然に小さくなってくれるなんて(ToT)


先日、獣医さんに抗生物質とビタミン剤を注射してもらったポップス

抗生物質を注射するなら近いうちにもう一度打ったほうがいいので?と思い連絡してみました。

回答↓
『体調が少しでも上向きならその流れに乗って出来るとこまで回復してもらう。鳥に注射をすること自体がリスクの高いことだから、注射も投薬も体調が下降し始めた時の路線変更と考えたほうがいい。
体調が上向きになるとさらに治療したくなるけどそこで畳み掛けると体がついていかなくなることが多いから、上向きならその流れに任せるよう』

とのことでした


とにかく体重増やそうね!ポップス


ちなみに下痢を治すのはかなり時間がかかるそうです
スポンサーサイト
              
コメント

はじめまして、うちのオカメと似た状況だったので
思わずコメントしてしまいました。

うちの子もルチノーで、生後約1ヶ月の頃にお迎えしたのですが
すぐに腺胃拡張症を発症して入院しました。
体重は52gまで落ちてしまい、先生からも「生命力の強さにかけるしかない」と言われ、
すごく落ち込みました。
でも、小さな体に2週間毎日注射されながら頑張り、
奇跡的に復活しました。

調子が上向いて良かったですね!
頑張れポップス!!


---------- 胡桃 [ 編集]* URL * 04/02, 03:16 -----

応援ありがとうございます!回復できたこの話が聞けてうれしいです!

まだまだ一進一退ですが徐々によくなってるのかな?という感じです。
ポップスと一緒にがんばります。ありがとうございます!
---------- 小粋*Koiki* [ 編集]* URL * 04/02, 18:34 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://iyokan1ko.blog23.fc2.com/tb.php/106-82c62395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。