鳥成分ほぼ100%。基本的に鳥と羊毛フェルトのみで形成されてます。愛してやまないのは鳥尻と猫肉球。
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒナの飼育について   


ヒナ鳥の飼育について、私なりのやり方をご紹介します
※私のやり方なので正しいとは言えない部分もあると思います。その場合はご指摘ください



・セキセイインコ・

温度は基本的に28度から30度を保つ

まとめて何羽も入れて飼育すると手乗り崩れが必ず出るので、一羽一羽をプラケースに入れ
プラケースに紙などをはってお互いが見えないようにします。(ヒナ同士の接触を断つ)
牧草や木のチップは保温性に優れていますが、木の粉が多くでてそのうに入るのが心配なのでなるべく避ける方がいいと思われます。
キッチンペーパーなどが衛生的で、フンの状態をよく確認できるのでいいかと。

さし餌をあげている時に首をかしげて、ちょっと考えるような仕草をし始めたら、粟穂の入れ時です。
粟穂を入れるか、皮付き餌をばら撒いてあげると遊びながら食べる練習を始めます。
個人的には最初から皮付きで練習してもさし餌を並行してあげていれば大丈夫です。
皮付き餌を入れたから今日からさし餌はなしなどの急な切り替えはしないでください。
さし餌を飛んで拒否するようになるまで与えると安心です。
さし餌を拒否し始めて5日程様子をみたらカゴに移します。

さし餌を食べている時よりも、切り替えの途中の方がヒナは体調を崩すことが多い気がします。
1羽1羽で隔離していればあまり遊んだりしなくてもだいたいの子は手乗りになってくれますから
たくさん食べて、たくさん寝かすを基本にあまりいじらず、目を見たり、声をかける程度に我慢しましょう。
切り替えの途中が一番、重要で難しい時期だと思います。

※この頃から室温を28度ほどに下げ始めていくといいと思います。


餌が完全に切り替わってから生後5カ月ほどまでは手乗りになるようたくさんたくさん遊んであげます。
だいたいの子は生後5カ月まで1羽で飼って、手乗りにすればそのあともずっと手乗りでいてくれるようです。

完全に人間を信用してくれたら鳥たちのところに入れて、鳥社会のルールを学べるようにしてあげます。
尾羽がきちんと伸びきる前に大人の鳥の仲間入りをさせると、子供返りをして大人を追いかけまわすの(餌をねだって甘える)でいじめられてしまう時があるようです。



餌はケイティのパウダーフードを主体にして、青菜、ボレー、エッグフードなどをブレンドします。
今回、ポップスのおかげで学びましたが100%のリンゴジュースや果物などを混ぜて与えてるとフンの状態が良くなり、足がツヤツヤする気がします。
やはりパウダーフードは加工してあるものですし、お湯を加えるという点ではビタミンの欠如が疑われます(個人的に)
なので生のフルーツや100%果汁のジュースを混ぜて与えても良いのではと思います。

それにヒナの時からフルーツの味に慣れておけば大人になって偏食になることもないような気がします
(これは猫とフェレットで実証済み。子供の時に食べたことがないものが大人になっても食さない場合が多いです)


お水はさし餌をやめて、皮付き餌を食べるようになってから入れています。
あまり早い段階でいれると加減がわからないのに水浴びして、羽根を膨らませている子が稀に出てくるので

ちなみに粟玉は入れていません。



↓粟玉に関する個人的な考え↓
市販されている粟玉はいつ皮が剥かれたものかの表記もなく、卵、はちみつなどが添加してありますが
それがどれだけ付いているのか、どんな質のものなのかも正直よくわかりません。

では、自身で作ればいいじゃないかという話なんですがそこまでして粟玉にこだわるメリットがあるのかな?というのが個人的な感想です。
粟には確かにたんぱく質が多く含まれヒナの成長には良いと思われます。
しかし、それは親鳥が皮付きの餌を食べて、いわゆる「剥きたて新鮮」な粟玉を与える時の話だと思うのです。

基本的に皮むき餌に栄養がないのは周知の事実ですし、いつ剥かれたのか、本当に衛生的なのか、本当に栄養があるのかも不明です。
それならが消化がよく、栄養価が高い(といわれる)パウダーフードをたくさん与えるほうがいいのでは?と思っている次第です。

また卵やはちみつ、ビタミンなどが添加してあると書いてありますが
粟玉は暖まりにくく、一度ふやかさなくてはいけません。

一度ふやかすということはお湯を入れ、冷めたお湯を捨てるという方が多いのではと思います。
その時にほとんどの栄養素は流れていってる気がするのです。


消化しにくい粟玉(しかももし冷えてると食滞の原因になる)と消化のよいパウダー。
織り交ぜてあげるにしてもどちらを多く食べているかわからないのも嫌なので我が家ではパウダーオンリーで与えています。
もし粟玉をあげるのならミルで粉砕して混ぜればいいかなと。





とりえずこんな感じです。
あまり参考にはならないと思いますが、こんな考え方もあるんだなぁと思ってもらえれば幸いです。
追記編集もあると思います。




↓参加しています↓
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
↑乱文ですが


スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://iyokan1ko.blog23.fc2.com/tb.php/121-1e36c84d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。