鳥成分ほぼ100%。基本的に鳥と羊毛フェルトのみで形成されてます。愛してやまないのは鳥尻と猫肉球。
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
禽舎改造   

禽舎というか猫用ケージを改造した鳥小屋なんですが
またちょっと改造してみました。

ビフォー
CIMG1096_20100711174658.jpg


アフター
CIMG1284.jpg
中の板を一枚とっぱらっただけなんですが…。(ビフォーの画像がわかりにくくてすみません。一番下の段に十姉妹とキンカチョウを入れてました)

かなり自分的にはすごい覚悟のいる試みでした。

CIMG1284.jpg
よく見ていただくとわかると思うんですが、十姉妹とキンカチョウとインコ類が共存しています。
インコとフィンチを同じカゴで!?と言われる方も居るとは思うんですが、、、


実は最近、セキセイ達の間で脱走遊びが流行っていて
彼らは何故かお腹がすくと自分達のカゴではなくフィンチ達のカゴへと帰って行くんです。

最初は大慌てで取りだしてインコカゴへ強制送還していましたが
なぜか…(たぶんカゴが大きくて逃げ場がお互いにあるから)
なにも問題は起きず、仲よくはないけれど、喧嘩もなく

お互いにお互いの存在をスルーしている感じでした。

いまも共存させてから半日たっていますが、なんの喧嘩の兆候も見られません。
キンカ同士も喧嘩しませんし、インコとフィンチも喧嘩しません。

別にそれならいままでどおり分けて飼ってても良かったんでしょうけど
いままでのケージの分け方だと(インコ→2部屋。フィンチ→1部屋)

インコは縦に飛べるけれど
フィンチは横にしか飛べないんです。



出来るならやはりフィンチにも上下にたくさん飛んでほしい。
インコと共存ができるなら…


とチャレンジしてみた次第です。
どうでしょう…うまくいくかなぁ…。
しばらくは要観察です。

オカメは完全にフィンチは無視なんですけど、セキセイはイジリたがりだからなぁ
それに鳥は上へ上へと行く性質があるので、いまのように真ん中に餌場を用意しているとそれより下の一番下の段はほとんど使われないからちょっともったいないし…
嗚呼、悩みは尽きません。




こちらは隔離カゴ
CIMG1285.jpg
緑のカゴに繁殖中の1ペア
ピンクのカゴに手乗り訓練中の子を1羽
白い大きなカゴにキンカチョウと十姉妹の女の子たちをいれています。(今秋、繁殖が出来る子のみ)


鳥屋のおっちゃんが言うには♂♀はわけておかないと繁殖がスムーズにいかないらしいです。
本当は女の子たちもガンガン飛ばせてあげたいのですが…
定期的に♂組と♀組でカゴを入れ替えてあげるということで我慢してもらおうと思います。


どうなる、鳥屋敷!?




↓参加してます↓
にほんブログ村 鳥ブログ 十姉妹へ
にほんブログ村
↑友人達からは「プチ花鳥園」と言われています


スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://iyokan1ko.blog23.fc2.com/tb.php/200-7003d82a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。