鳥成分ほぼ100%。基本的に鳥と羊毛フェルトのみで形成されてます。愛してやまないのは鳥尻と猫肉球。
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紫外線とルチノー   


今日は知り合いとこの炎天下の中でBBQをしてました。
あづい!

日陰に避難したりしてたんですけど
日頃、紫外線から逃げてるかぁちゃんはすっかり熱中症です。
全身チリチリするし、目が痛くて痛くて…泣


けっして白人ではないですけど、日本人にしては色素が薄い方のようで
日傘+帽子で歩いてもアスファルトの照り返しをちょっと眺めるだけで目がやられてしまいます。
(眼の色は薄茶で、シミソバカスめっちゃできます)



それで思うんですけど
CIMG1321.jpg

15.jpg

IMG_5956_20100718200056.jpg

イノ・ルチノーの鳥も日光に弱いのは一緒だよね?と思うんです
思えばリップは日光浴嫌いだし
セキセイのサンちゃんはガラス越しの日光と暑さでハァハァしてました。
松はちょっとぼぅっとしててわかりにくいですけど、思えば坊ちゃんや恋さんのようにじっと日光に当たってる姿はあまり見たことがありません。

やっぱりイノ系は色素が欠如している個体ですから日光に弱いのかもしれませんね。


でも、日光浴はかかせないし、健康のためには必須ですから



ルチノー達のためにも日光浴は

・やわかい日差しで
・足に重点的に日が当たるように
・しっかりと日陰とひんやりゾーンを確保する!

と徹底したいと思います。


イノ系が日光に弱いかどうかはちょっと調べてみる必要がありそうですね~




スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://iyokan1ko.blog23.fc2.com/tb.php/207-3cd0cf2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。